焼却炉

焼却炉

焼却炉

このページは「焚き火どんどんの構造!強力な燃焼力の小型焼却炉 」の情報コンテンツです。
焼却炉 > 焚き火や焼却場でのゴミ処分

豆知識

焚き火や焼却場でのゴミ処分

ゴミの処分方法には、いろいろな方法がありますが、現状焼却処分がもっとも多く利用されています。それはなぜでしょうか。

ゴミ焼却の目的

ゴミの最終処分には、再利用、埋め立てなどがありますが、そのためには何らかの中間処理を必要とすることが多いのです。中間処理には、破砕、圧縮、分別、焼却、熱分解などさまざまですが、その中で焼却処理は最も代表的な処理方法です。そして、ゴミ焼却の目的は減量化、無害化、無臭化にあると言えます。

ゴミは焼却することで二酸化炭素、水蒸気となって大気中に拡散し、その分ゴミの重量、体積は減少します。容積は5~10%程度になります。また、ゴミの中には腐敗物や病原菌なども含まれていますが、これらは焼却炉内の高温状態で、有機物については無害化できるものが多いのです。それから、700度以上の高温で焼却することで、臭いの成分も熱分解され、無臭になります。

焼却処理の特徴

ゴミの処理方法には、焼却処理の他に埋め立てやたい肥化などなどいろいろな方法があります。埋め立ては埋立地が充分な場合はもっとも簡単な方法です。しかし、現在のように工業製品が多くなると、土壌汚染や水質汚染など多くの問題点もあります。たい肥化は微生物を利用した有機物の処理方法でゴミを肥料などにして利用します。地球にとっては非常にやさしい方法ですが、有害物質の除去が必要であったり、製品である肥料の保管場所が必要だったりと問題点も多いのです。焼却処理は、減量化、無害化、無臭化の他にも発電や熱利用によるエネルギーの回収が見込めます。また、他の処理方法に比べて、大量に迅速に処理できるので、現実的な対応として、焼却処理を採用することが多いのです。

家庭での焼却処分

家庭でも、「焚き火その他、日常生活を営む上で、通常行われる廃棄物の焼却であって軽微なもの」は焼却処分をすることができます。書類など外部に出せないものや枯れ木、生ゴミなどの処分に利用されると思いますが、やはり焼却処理のメリットは大型の焼却炉となんら変わることはありません。しかし、減量化、無害化、無臭化するには、高温でしっかりと焼却する必要がありますので、焼却炉の使用上の注意をしっかりと守って利用するようにしましょう。

焼却炉 激安通販