焼却炉

焼却炉

焼却炉

このページは「焚き火どんどんの構造!強力な燃焼力の小型焼却炉 」の情報コンテンツです。
焼却炉 > 家庭用焼却炉で燃やせるゴミとは

豆知識

家庭用焼却炉で燃やせるゴミとは

焚き火 昔は多くの家庭で庭先でゴミを焼却していましたが、ダイオキシン問題など環境への影響も大きく、法律によって制限がなされています。行政指導も関係しますので、燃やせるゴミの限度を知っておきましょう。

廃棄物とは

廃棄物とは、法律上の定義としては、「占有者が自ら利用し、または他人に有償で売却することができないために不要になった物」、すなわち、一般的には、他人に有償で売却できない不要物。もっと簡単に言えば、誰も欲しがらないので値段をつけて売れないいらない物、です。廃棄物は適切に処理がなされるように、法律によって細かく種類が分けられています。例えば、放射性物質かそれらに汚染されたものは放射性廃棄物といって、一般の廃棄物とは違った別の法律によって厳しく管理されています。放射性廃棄物以外の廃棄物の管理のための法律が廃棄物管理法です。

廃棄物の分類

ゴミの種類で頭に浮かぶのは、可燃ゴミ、不燃ゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミといった種類ですが、法律上の分類の仕方は異なっています。廃棄物は産業廃棄物と一般廃棄物に分けられています。産業廃棄物と一般廃棄物とは最終的な責任の主体が異なっています。一般廃棄物は最終的には市町村に処理責任があるのに対して、産業廃棄物は排出事業者自らの責任で処理することを原則としていて、多くは産業廃棄物処理業者に委託して処理されます。

産業廃棄物とは、事業活動にともなって発生した廃棄物のうち、汚泥、廃油など法律で定められた20種類の廃棄物を指します。一般廃棄物とは産業廃棄物以外の全ての廃棄物のことで、ゴミ、粗大ゴミ、し尿などを指します。一般廃棄物には、私たちの日常生活にともなって発生する家庭系一般廃棄物と、事業所から出る紙くず、木くず、など事業活動にともなって発生する事業系一般廃棄物があります。

家庭で燃やすことができるゴミ

昔は多くの家庭で自宅でゴミを焼却していましたが、現在は環境への影響を考え、法律により基本的には禁止されています。しかし、いくつかの事例が例外として認められています。

  • 国又は地方公共団体がその施設の管理を行うために必要な廃棄物の焼却
  • 震災、風水害、火災、凍霜害その他の災害の予防、応急対策又は復旧のために必要な廃棄物の焼却
  • 風俗慣習上又は宗教上の行事を行うために必要な廃棄物の焼却
  • 農業、林業又は漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却
  • たき火その他日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であつて軽微なもの

これらについては、家庭用焼却炉で燃やすことができます。主に、枯れ枝、枯れ草、紙くずなどになります。家庭で焼却するときは、ご近所への配慮も忘れないようにしましょう。

焼却炉 激安通販