焼却炉

焼却炉

焼却炉

このページは「焚き火どんどんの構造!強力な燃焼力の小型焼却炉 」の情報コンテンツです。
焼却炉 > 小型焼却炉を利用するときの注意点

豆知識

小型焼却炉を利用するときの注意点

自宅でゴミの焼却酢処理をする場合は、火の始末、近所への配慮など十分に注意して行う必要があります。もちろん法律を守ることは言うまでもありません。そんな小型 焼却炉を使うときのコツと注意点をまとめています。

設置場所に注意しよう

火を使う焼却炉ですから、一番怖いのが火事です。建物の近く、燃えやすいものの近くに焼却炉を設置するのは厳禁です。焼却炉はそう簡単に横倒しになるものではありませんが、万一倒れても火が燃え移ることがない場所に設置しましょう。設置する地面や土台がしっかりしていることも大切です。最近の焼却炉は排煙が非常に少なくなるように設計されています。それでもまったく煙が出ないわけではなく、近隣の人にとっては少しの煙でも気になります。近所に迷惑がかからない場所で利用するようにしましょう。

家庭用焼却炉で燃やせるもの

現在では、基本的に野焼きは法律によって認められていませんが、例外として、「焚き火その他、日常生活を営む上で、通常行われる廃棄物の焼却であって軽微なもの」は家庭でも焼却できることになっています。なので、何でも燃やせるわけではありません。枯れ木、枯れ草、生ゴミ、紙くずなどに限定されます。新聞紙や雑誌は資源ゴミとしてリサイクルできますので、各自治体で処分してもらいましょう。レジ袋やプラスチック類もダイオキシンの発生が懸念されるので、家庭で燃やすのでなく、各自治体の規定の方法で処分してください。

ゴミを燃やすときの注意点

家庭用焼却炉でゴミを焼却する際に気をつけたいのは炉の中の温度です。温度が低いと、ダイオキシンが発生したり、煙が出たり、臭いを生じたりします。高温で燃やすことが重要です。枯れ木、枯れ草、生ゴミなどは、しっかりと乾燥させてから焼却しましょう。水分を大量に含んでいると、煙がたくさん出てしまいます。書類を燃やすときは、紙だけで燃やすと火力が弱く、やはり煙が出やすくなります。ダンボールや厚紙、枯れ木などと一緒に燃やして、焼却炉の中を高温に保つようにしましょう。ダイオキシンの発生は不完全燃焼により起こることが多く、ガイドラインでは800度以上の高温に保てば、ダイオキシンは発生しにくいとされています。家庭用焼却炉を購入する際は、800度以上の高温焼却が可能なものを選ぶようにしましょう。

焼却炉 激安通販