焼却炉

焼却炉

焼却炉

このページは「焚き火どんどんの構造!強力な燃焼力の小型焼却炉 」の情報コンテンツです。
焼却炉 > ゴミの分別の種類と特徴

豆知識

ゴミの分別の種類と特徴

ゴミを出すときに行う分別はなかなかの作業です。しかもそれは地域によって大きな差があります。どうしてそのようなことが起こるのでしょうか。ゴミの分別の種類と特徴についてまとめてみましょう。

ゴミを分別する理由

各自治体はゴミの分別を住民にお願いしています。可燃物、不燃物、資源ゴミ、有害ゴミなどといろいろな名前がつけられて、それらを分けて、決められた日に出すことになっています。自治体によって違いがあるのは、それぞれの自治体でゴミを収集したのちに行う処理方法が違うからです。混合ゴミを対象とした焼却なら特に分別する必要はありません。しかし、焼却施設が可燃物のみを焼却するように設計されていれば、可燃物とそうでないものに分ける必要があります。

ゴミ分別の目的の一つは、処理に都合がよいようにゴミをコントロールするためです。二つ目の目的は、資源になるものを回収するためです。資源ゴミについては、多くの自治体で、紙、ガラスびん類、金属缶類などに分別をお願いしています。他のゴミと一緒にしてしまっては、ただのゴミですが、きちんと分けてあれば、再利用が可能です。他にも自治体の処理方法では適切に処理できないので、処理に都合の悪いものを取り除くために分別する場合もあります。プラスチックや乾電池がそうです。焼却処理で有害物質を発生させたり、焼却炉が傷むのを防ぐために分別しています。

どのような分別があるのか

分別の種類は、ゴミをどう処理するか、何の目的で分別するかで変わってきます。ビン・カンなどの資源ゴミは、混合収集したあとに選別施設でより細かく分けるのであればすべて一緒に回収できますし、そうした施設がなければ、住民が出すときに種類別に分けることになります。また、資源ゴミを買い取る業者がどのような分別を求めるかによってもその種類は変わってきます。そのため、資源ゴミの分別は自治体によって、数種類から20種類以上とずいぶん開きがあります。

特に自治体による差が大きいプラスチックゴミ

資源ゴミを別とすると、ゴミ分別で地域差が大きいのがプラスチックゴミです。プラスチックゴミには、容器包装プラスチックとそれ以外のプラスチックがあります。基本的には、回収した容器包装プラスチックは、日本容器包装リサイクル協会に引き渡して、事業者責任によってリサイクルを委託します。しかし、例えば、ペッドボトルなど値段が上がり、資源として業者に売却されるケースが増えています。このように、各自治体がどう処理しているかで分別の仕方が大きく異なっているのが現状です。

焼却炉 激安通販